自宅でできる検査にはどんな種類があるのか

>

遺伝子検査によってわかること

遺伝子のほんのわずかで個人差が生じる

無数にある遺伝子の中のわずか0.1%ほどの違いで、いわゆる個性と呼ばれているものが決まってくるといいます。
逆に言えば、そのわずかな部分が共通していることによって気質はもちろん、体質的なことや体形に至るまで血筋は争えないと言われるような色々なことが似てくるのです。

しかしながらたとえ同じ親を持つ兄弟であったとしても遺伝子の組み合わせによって微妙な違いが生じるものですし、育ってきた環境によっても性格などに違いが生じてくるものだといいます。
同じ遺伝子を持つ一卵性双生児であったとしても、性格に違いがあったりするのはそのためだと言えるでしょう。

たった0.1%の違いによってアルコールを代謝しやすい、いわゆるお酒に強いタイプかどうかや太りやすいタイプかどうか、将来的に発症しやすい病気などが決められてしまうといいますから遺伝というのは怖いものです。

肌質が分かればスキンケアも違ってくる!

自分に合った化粧品がなかなか見つからないと嘆いている人におすすめしたいのが、遺伝子レベルで体質を検査することによって自身の肌が老化していく過程を分析し適切に対処していくというものです。
郵送型検査キットを発売している企業には同時にスキンケア商品も展開しているところもありますから、合わせて利用することで自分の肌質にあった化粧品を手に入れることもできるでしょう。

そのような企業は肌質のみならず効果的なダイエットなど体重管理についても研究していることが多く、全身の美しさを保つためのアドバイスをしてくれるという点が魅力的です。
また、スポーツをやっていて効率的に筋肉をつけたいという人は遺伝子検査を利用して、自分の筋線維のタイプを知っておくという方法もあるようです。


この記事をシェアする